Loading...

PIGMENT LAB TOKYOPIGMENT LAB TOKYO

ALL ITEMS

【開催中止】[特講]天然染料からつくるレーキ顔料

HOME / WORKSHOP / 【開催中止】[特講]天然染料からつくるレーキ顔料
  • 2020/05/05(Tue)

  • 13:00 - 16:30

  • PIGMENT TOKYO

チケット購入期限 2020/04/30 17:00

price

8,500 円

数量
※ 学割オプションあり
対象年齢:30歳以下(日本国内在住)
当日店頭にて学生証のご提示をお願いいたします。
ご提示がない場合、一般料金との差額をお支払いいただきますので、あらかじめご了承ください。

Access

東京都品川区東品川2-5-5 TERRADA Harbor Oneビル 1F

Description

Lecture by 岩崎 友敬

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴うワークショップ中止のお知らせ

5月5日(火)に開催を予定しておりました、
「[特講]天然染料からつくるレーキ顔料」は
新型コロナウイルス感染拡大に伴う東京都知事からの外出自粛要請を受け、中止とさせていただきます。
すでにお申し込みいただいているお客様には別途ご連絡させていただきますので、今暫くお待ちください。

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

ーーー

突然ですが問題です。
絵具の原料として⽤いられている⾊素は次のうちどちらでしょう。
A. 染料
B. 顔料




いかがでしたか。
正解はB の顔料です。

でもいったいなぜでしょうか。
それでは解説です。
例えば、染料からできた絵具で、⾚の上に⽩など⼆層塗った際、下の⾚い層が乾いている
にもかかわらず、徐々に上の⽩い層へと⾚が滲み出してしまい、⾊の重ねがうまくいきま
せん。
これは染料が⽔や油に溶けてしまう性質に由来した現象です。
⼀⽅、顔料はその性質を持たないため、絵具への利⽤に適しているのです。

ただし⼀つだけ、どうしても⾒過ごせない染料の優位性がありました。
発⾊です。
顔料では得られない、より鮮やかな⾊彩をもつ種類の染料で絵具を作ってみたい。
そうした⽬的から染料を顔料化する技術が開発されました。
染料に⾦属を結合させることによって顔料にしてしまう⽅法、その名も「レーキ化」とい
います。

こちらの講座では、天然素材から染料を抽出し、レーキ化を経て顔料になるまでの⼯程を
体験していただきます。
講師をつとめるのは、⻄洋茜などのレーキ顔料を使⽤した油絵具も⼿がける画材メーカー、
株式会社クサカベ・技術開発部の岩崎友敬⽒です。
どんなやり⽅で華麗な変⾝をとげるのか、ぜひ講座を通じて化学の不思議に迫ってみまし
ょう。


受講料:¥8,500(税込・材料費込)
お持物:特にございません。

Instructor

岩崎 友敬

株式会社クサカベ・技術開発部
埼玉県に本社を置く画材メーカー・クサカベにて、絵具をはじめとした色材全般の研究開発に携わる。
美術大学など各地の教育機関ではレクチャーを行い、知識や技術の普及活動も行っている。

株式会社クサカベ・技術開発部
埼玉県に本社を置く画材メーカー・クサカベにて、絵具をはじめとした色材全般の研究開発に携わる。
美術大学など各地の教育機関ではレクチャーを行い、知識や技術の普及活動も行っている。

Access

東京都品川区東品川2-5-5 TERRADA Harbor Oneビル 1F