Loading...

PIGMENT LAB TOKYOPIGMENT LAB TOKYO

ALL ITEMS

PIGMENT TOKYO “Spring WORKSHOP”

2022-04-09

Sorry, we're currently working on the English version! :) 



春の訪れとともに、新緑の芽吹きだけでなく気持ちも新たになる季節。

天王洲アイルでも街並みを構成する運河や樹々、アート作品も色調の変化を感じます。

新しい生活にも慣れ、ほっと一息できるゴールデンウィーク。PIGMENT TOKYOではお子様から大人の方までご参加いただける特別企画のワークショップを開催いたします。




[ゴールデンウィーク企画]天然岩絵具でカキツバタをえがく

開催日程:2022年4月30日(土)

時間:13:00〜16:00

場所:PIGMENT TOKYO

ご予約: https://pigment.tokyo/workshop/detail?id=431

※詳細は予約ページにてご確認ください。



こちらは、この時期限定で開催している特別講座です。昨年はオンラインで講義のみ行い、3年ぶりの実技を交えたワークショップです。

5月から6月にかけて、爽やかな季節の訪れの頃に花をつける燕子花(カキツバタ)は、古来、初夏の花として親しまれてきました。

日本美術において一時代を築いた琳派の系譜から、絵具の練り方や濃度調整、彩色の方法など、理論と実技の両面から学んでいきます。

お子様から美術や画材に普段はあまり触れる機会がない方など、どなたでもご参加いただけます。





Natural Gunjo
6,050 tax in
Natural Matsuba Rokusho
2,530 tax in


講座では、尾形光琳が使用していた天然岩絵具「群青」「緑青」も使いながら、燕子花を描いていただきます。

天然岩絵具とは、鉱石を粉砕して粒子状にした顔料。

群青は藍銅鉱(アズライト)、緑青は孔雀石(マラカイト)という鉱石から作られています。


岩絵具は、原料を10段階の粒度に分けて製造され、粒径により色調が変わります。同じ顔料でも、粒度が粗いと色が濃く、細かくなるにつれて白度が高くなります。

伝統的な画材と技法を用いることで、自然から生まれた顔料からどのような色彩が放たれるのか、古の絵師の世界を実際に体感できる講座です。





また、表参道にある根津美術館では、ちょうどこの時期に国宝「燕子花図屏風」を展示し、庭園では満開の燕子花をご覧いただけます。

モチーフとなっている花を愛でながら、作品に思いを馳せるひとときは、この時期ならではの鑑賞の楽しみ方ではないでしょうか。


特別展「燕子花図屏風の茶会」

開催日程:2022年4月16日(土)〜5月15日(日)

会場:根津美術館

URL:https://www.nezu-muse.or.jp/en/exhibition/next.html

※展覧会の詳細は、根津美術館ホームページにてご確認ください。




ゴールデンウィークにはもうひとつ、親子で体験いただける恒例の大人気講座もご用意いたしました。



[親子限定]クレヨンづくり

日程:2022年5月1日(日)

時間:10:00〜11:30

場所:PIGMENT TOKYO

ご予約:https://pigment.tokyo/workshop/detail?id=432

※詳細は予約ページにてご確認ください。

※未就学児〜小学校低学年は保護者の補助が必要となります。



素材の特徴や色のお話を織り交ぜながら、作り方を順を追ってご説明いたします。お子様とご一緒に楽しみながら画材づくりを体験できる講座です。

ベースとなる色材の発色をそのまま生かした基本色だけでなく、混色してオリジナルカラーも作れますので、色を作る面白さも感じていただけるのではないでしょうか。

作ったクレヨンは、特製のボックスに入れてお持ち帰りいただけます。




クレヨンの素となる蝋と油、そして色の粉「顔料」を温めながら混ぜます。



型に入れて固めます。

クレヨンらしいシルエットが現れてきました。






自分で作った画材は、愛情もひとしおです。

好きな色、その時の気分、描きたい絵をイメージしながら作るなど、ご自身のペースでお作りください。

市販のクレヨンと同じように、単体でも、お持ちの色材と併せて描くこともできます。




なお、PIGMENTではゴールデンウィークだけでなく、たくさんの方に画材を知り、使う楽しさを体験していただきたいという思いから、定期的にワークショップを開催しております。

画材や日本の美術にご興味がある方は、ファーストステップとしていかがでしょうか。


水彩絵具を作ることで、顔料やオリジナルの絵具への理解を深める「水彩絵具づくり」。

岩絵具と膠を使い、牡丹を描く「岩絵具で花をえがく」。

伝統的な箔の技法を体験できる「箔で夜空をつくる」。

いずれも入門講座ですので、年齢や経験を問わずご参加いただけます。



ワークショップ

場所:PIGMENT TOKYO

ご予約:https://pigment.tokyo/workshop/

※日程と詳細は、各予約ページよりご確認ください。




画材を通し、五感で得た体験は、日常の中で新たな彩りを添えるものになり得るかもしれません。

Profile

Art Materials Expert at PIGMENT TOKYO

NATSUKO SHIRAISHI

Art Materials Expert at PIGMENT TOKYO Graduated from the Textile Design at Tama Art University. While she works as an art material expert at PIGMENT, she also continues her career as an artist of original paper, Japanese paper and calligraphy.

Art Materials Expert at PIGMENT TOKYO Graduated from the Textile Design at Tama Art University. While she works as an art material expert at PIGMENT, she also continues her career as an artist of original paper, Japanese paper and calligraphy.